ハーグ条約

「子の返還拒否は著しく違法」最高裁初判断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハーグ条約実施法に基づく子の返還手続き
ハーグ条約実施法に基づく子の返還手続き

 国境を越えた子の連れ去り防止を定めた「ハーグ条約」に基づく裁判所の返還命令に従わないのは違法だとして、米国在住の父親が息子(13)を連れて帰国した母親に子の引き渡しを求めた人身保護請求の上告審判決で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は15日、「父親の請求を認めるべきだ」として、父親側敗訴とした1審判決を破棄し、審理を名古屋高裁に差し戻した。

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1254文字)

あわせて読みたい

注目の特集