メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中制裁を検討 6.4兆円規模

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】米メディアは13日、トランプ米大統領が中国を狙い撃ちにした最大年600億ドル(約6.4兆円)規模の制裁発動を検討していると報じた。鉄鋼・アルミニウムの関税引き上げ決定に続く米政権の強硬策に、中国は反発を強めている。

 米メディアによると、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は先週、中国による知的財産権侵害や技術移転強要に対する制裁措置として米通商法301条に基づく年300億ドル規模の関税引き上げを提案。…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  4. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです