メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光免疫療法

治験を開始…国内初、頭頸部がん患者

国立がん研究センター東病院

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は14日、近赤外光を使ったがん治療「光免疫療法」の治験を開始すると発表した。この治療法の国内での治験は初めて。

 対象は、他に治療法がない頭頸(とうけい)部がん患者数人。まず治療薬の安全性を確認し、国内承認を目指す。米製薬ベンチャー「アスピリアン・セラピューティクス社」が同病院に実施を依頼した。

 光免疫療法は、米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発した。がん細胞表面のたんぱく質に結びつく「抗体」に、近赤外光に反応する化学物質を取り付けた薬剤を患者に注射。続いて患部に近赤外光を当てると、化学物質が反応してがん細胞の細胞膜が傷つき、破裂する。従来のがん治療よりもがん細胞をピンポイントで攻撃できるため、副作用が少ないと期待されている。

 治験に参加できるのは18歳以上で、身の回りのことが自分でできる体調▽臓器の機能が保たれている--などの条件がある。

 米国では2015年から治験が始まり、これまでに頭頸部がん患者15人のうち7人のがんがなくなり、残る7人のがんが縮小する効果が確認された。【永山悦子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです