メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローンで見た被災地

(6)浪江町・進まぬ帰還

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から7年を経て、4月から地元の学校を再開する福島県浪江町。しかし、比較的離れた場所に避難した住民も多く、昨年3月の避難指示解除後もなかなか人が戻らない。

 小型無人機ドローン搭載のカメラで撮影したJR浪江駅前は閑散として人通りもなく、周囲は空き地が目立った。事故時に住民票があった就学対象者に占める就学希望者の割合は0・7%(先月時点)にとどまり、4月に学校を再開する県内4町村の中でも最低だ。

 政府は事故後、同県内の11市町村に避難指示を出した。うち第1原発が立地する大熊、双葉両町を除く9市…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文572文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです