メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローンで見た被災地

(6)浪江町・進まぬ帰還

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から7年を経て、4月から地元の学校を再開する福島県浪江町。しかし、比較的離れた場所に避難した住民も多く、昨年3月の避難指示解除後もなかなか人が戻らない。

 小型無人機ドローン搭載のカメラで撮影したJR浪江駅前は閑散として人通りもなく、周囲は空き地が目立った。事故時に住民票があった就学対象者に占める就学希望者の割合は0・7%(先月時点)にとどまり、4月に学校を再開する県内4町村の中でも最低だ。

 政府は事故後、同県内の11市町村に避難指示を出した。うち第1原発が立地する大熊、双葉両町を除く9市…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」
  3. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  4. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです