メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学共通テスト試行調査

英語筆記、読解に特化 全体量増

公表された大学入学共通テストの英語の試行調査の問題=東京都千代田区一ツ橋1で2018年3月14日午後7時54分、鈴木泰広撮影

 大学入試センターは14日、2020年度に始める大学入学共通テストの英語についてマークシート式の試行調査(プレテスト)の問題と正答率の速報値を公表した。筆記とリスニングのうち筆記は、現行のセンター試験で出される発音やアクセント、慣用句や文法の知識を問う並べ替えの問題がなくなった一方、問題の全てが英語になって全体の分量も増え、読解に特化した内容となった。

 調査は先月13日~今月3日、全国の国公私立高158校の2年生約6300人を対象に実施。各問題は英語…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1280文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  5. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです