森友文書改ざん

本省の職員18人、決裁に関与

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
財務省=小林祥晃撮影
財務省=小林祥晃撮影

 「森友学園」を巡る文書改ざん問題で、財務省は14日、安倍晋三首相の妻昭恵氏や複数の政治家の名前が記載されていた改ざん前の決裁文書について、2015年4月に当時の理財局次長ら本省の職員18人が決裁に関わったとする記録を開示した。国会内で開かれた野党の会合で明らかにした。学園との取引が「政治案件」という認識が、近畿財務局だけでなく本省でも広く共有されていた様子がうかがえる。

 一方、財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官は昨年3月の国会答弁で、政治家の関与について「政治家からの問い合わせはあるが記録は残っていない」と説明していた。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文505文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集