特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊手術全国調査

歓迎と懸念「資料だけでは限界」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 障害者らに強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)をめぐる問題は14日、政府・与党が全国調査に乗り出す方針を決めたことで、半世紀続いた手術の実態解明に向けて大きな一歩を踏み出した。しかし、手術を強いられた約1万6500人のうち都道府県に資料が残っているのは約2割しか確認されておらず、調査は難航が予想される。支援者らは「徹底した調査」を求め、専門家は「第三者機関による調査」の必要性を説く。

 「提訴をきっかけに、国会議員や政府が動いた。(同法が母体保護法に改正後)20年以上にわたる当事者たちの運動の成果です」

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文854文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集