水疱性角膜症

他人の角膜内皮細胞注入 臨床で有効性確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 角膜内皮が傷つき視力が低下する「水疱(すいほう)性角膜症」の患者の目に、他人の角膜内皮細胞を注入して再生させる治療の臨床研究について、京都府立医大の木下茂教授らの研究チームは、11人の患者で安全性と有効性を確認したと発表した。さらに臨床研究を続け、約3年後の薬事承認を目指す。論文が15日、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。

 水疱性角膜症は、外傷や病気などにより角膜が濁る病気で、国内に約1万人の患者がいるとされる。角膜移植が唯一の治療法だが、これまで提供者の少なさや見え方の不安定さなどが課題だった。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文508文字)

あわせて読みたい

ニュース特集