メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

幸福度ランキング首位はフィンランド、日本は54位=国連調査

 3月14日、国連が最新の「世界幸福度報告書2018」を発表、幸福度ランキングの第1位はフィンランド、最下位はブルンジだった。日本は54位で、昨年の51位から後退した。写真は昨年5月撮影のヘルシンキのようす(2018年 ロイター/Ints Kalnins)

[PR]

 [バチカン市 14日 ロイター] - 国連は14日、最新の「世界幸福度報告書2018」を発表、幸福度ランキングの第1位はフィンランド、最下位はブルンジだった。日本は54位で、昨年の51位から後退した。

     米国は昨年の14位から18位に順位を下げ、豊かになっているにもかかわらず幸福度が低下していることが分かった。

     同報告書は、国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」がまとめたもので、156カ国を対象に、1人当たり国内総生産(GDP)、社会支援、健康余命、社会の自由度と寛大さ、汚職の頻度などについて分析。フィンランド人は暗く厳しい冬をものともせず、自然、安全、児童の保育、良い学校へのアクセスの良さと、ヘルスケアが無料であることなどを自国で最も良い点として挙げた。

     昨年5位だったフィンランドは、1位だったノルウェーを抜いて首位となった。3位以下は、デンマーク、アイスランド、スイス、オランダ、カナダ、ニュージーランド、スウェーデン、オーストラリアと、上位10位は北欧諸国が引き続き大きな割合を占めている。

     米国は昨年の14位から18位に低下、英国は19位、アラブ首長国連邦(UAE)は20位。

     日本は54位で、昨年の51位から後退した。韓国は57位、中国は86位だった。

     米国では過去50年に1人当たりの所得が顕著に増加したが、社会支援ネットワークの脆弱化、政府と企業における汚職増加、公共機関に対する信頼低下が、幸福度を押し下げているという。

     一方、調査は2012年の開始後初めて、117カ国で移民の幸福度を分析。ここでもフィンランドが第1位となった。外国出身者の幸福度が最も低かったのは、7年余り内戦が続いているシリアだった。

     カナダのブリティッシュコロンビア大学、ジョン・ヘリウェル教授は「最も驚いたのは、移民とその国の出身者の間で、幸福度が顕著に一致していること。より幸福度の高い国に移った人の幸福度は上がり、より低い国に移った人の幸福度は下がっている」と述べた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

    2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

    3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

    4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

    5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです