メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

冷血イメージのニシキヘビ、献身的な子育てぶりが明らかに

 3月14日、冷血動物で冷たいイメージを持たれているヘビについて、子どもが卵から孵化した後、母親が短期間共に過ごしたり、巣穴を守ったりしているケースがあるとの研究が、ロンドンのジャーナル・オブ・ズーオロジーに発表された。提供写真(2018年 ロイター/University of Witwatersrand/Graham Alexander)

[PR]

 [ヨハネスブルク 14日 ロイター] - 冷血動物で冷たいイメージを持たれているヘビについて、子どもが卵から孵化した後、母親が短期間共に過ごしたり、巣穴を守ったりしているケースがあるとの研究が、ロンドンのジャーナル・オブ・ズーオロジーに発表された。

 研究は、ナタールニシキヘビの営巣行動を調査したもので、産卵型のヘビの母親の子育てに関する初の報告となった。ヘビに無線送信機を装着して巣穴まで追跡し、巣穴に赤外線カメラを設置して観察を行った。

 南アフリカのウィットウォーターズランド大学、グラハム・アレクザンダー氏が7年にわたって行ったフィールドワークの結果、母親は交尾から産卵までの7カ月間、食事なしで過ごし、体重の40%を失う場合があることが分かった。体内で体温を維持するため常にエネルギー補給が必要な哺乳類と異なり、蛇を含め変温動物である爬虫類は、長期間食事を取らずに生きることができる。

 また、子どもは通常数十匹単位で生まれ、母親は孵化後2週間程度子どもたちと過ごすが、給餌や指導などは行わない。ただ、夜間に子どもたちをとぐろの中に囲うことが分かり、子どもを温める作用があるとともに、生存率向上にもつながっているとみられる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです