メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド視聴室

記憶 「嫌み」な中井を襲う異変

 「8回断った。生半可な気持ちで携わってはいけないドラマだと思った」。主演の中井貴一は、制作側の熱烈なオファーに悩んだ末、出演を決めたと打ち明ける。韓国でヒットしたドラマのリメークで、若年性認知症に襲われた男性が少しずつ自らの「記憶」をなくしていく姿や、家族の愛を描き出す。フジテレビとJ:COMの共同制作。CSのフジテレビNEXTで21日スタート、全12話。

 弁護士の本庄英久(中井)は、依頼人の利益を守るためなら手段を選ばない男。再婚した妻(優香)や子供も顧みず、仕事に没頭する日々を送っていた。しかし、探し物をジャケットのポケットに入れていたのを全く覚えていないなど、自らの異変に不安を募らせていく。そしてある日、脳の検査をしてもらった友人の医師から、すぐに来いとの電話がかかってくる。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 新型コロナ 北九州市感染急増26人 東京も新規で22人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです