特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

挑む!

’18センバツ由利工 選手紹介/2 /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

自主練でバント追求

 (4)大友丈二塁手(2年)

大友丈二塁手 拡大
大友丈二塁手

 2番打者として、正確なバントを追求してきた。自主練習でバント練習に1時間近く割く日もあった。

 昨秋は湯沢翔北戦で先制のスクイズを決めて勝利に貢献するなど、持ち味を発揮した。10試合で9本の犠打飛は、中学から二遊間コンビを組む佐々木聖弥遊撃手と同数。チーム最多タイだ。

 守備では10試合で無失策。堅守でチームの危機を何度も救った。そんな質の高いプレーを継続するため、書き初めで「安定」とつづった。

 父の雄さんは1995年夏、金足農で甲子園出場し、8強進出を果たした。「父を超えベスト4入りしたい」と意気込む。親子2代で上位進出を狙う。

 身長167センチ、体重65キロ、右投げ右打ち。

打球の強さに手応え

 (5)佐藤隼人三塁手(2年)

佐藤隼人三塁手 拡大
佐藤隼人三塁手

 セーフティーバントに自信がある。左打席に入り、絶妙のバットコントロールで三塁線ギリギリを狙う。昨秋の新屋戦では、同点の九回裏にバントヒットで出塁。その後勝ち越しの本塁を踏んだ。

 冬場にはバントに加え、打撃改良に取り組んだ。食事量を増やし、体重が約6キロアップ。好きなおかずはコロッケだが、たんぱく質摂取のため納豆を毎日食べる。「打球が詰まっても内野を越えるようになった」と語り、打球の強さに手応えを感じている。

 智弁和歌山の応援歌「ジョックロック」が気になっている。夢舞台で大応援を受けて打席に入る瞬間を想像しながら、日々バットを振る。

 身長166センチ、体重68キロ、右投げ左打ち。

球場沸かす守備職人

 (6)佐々木聖弥遊撃手(2年)

佐々木聖弥遊撃手 拡大
佐々木聖弥遊撃手

 おおらかな性格のため、いつも仲間に囲まれる人気者。だが試合では顔つきが一変する。ナインから一目置かれる守備職人だ。

 大友丈二塁手は中学時代から二遊間を守る相方。守備位置やグラブを構えるポイントを「あうん」の呼吸で調整する。昨秋も2人で併殺を重ねた。甲子園では「難しい打球をさばいてアウトをとり、球場を沸かせたい」と意気込んでいる。

 打順は主に9番だが打率は3割。下位から好機をつくり上位打線につなげる重要な役どころを担う。

 書き初めは昨年に引き続き「百折不撓(ひゃくせつふとう)」。失敗に落ち込むことがあっても前に進むのが信条だ。

 身長165センチ、体重65キロ、右投げ右打ち。=つづく

次に読みたい

あわせて読みたい