特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

日大山形 甲子園へ出発 きょう抽選会 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
保護者に見送られ、バスに乗り込む日大山形ナイン=山形市鳥居ケ丘の同校で 拡大
保護者に見送られ、バスに乗り込む日大山形ナイン=山形市鳥居ケ丘の同校で
投球練習をする日大山形ナイン=山形市中桜田の同校総合運動場で 拡大
投球練習をする日大山形ナイン=山形市中桜田の同校総合運動場で

 <第90回センバツ>

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が16日、毎日新聞大阪本社オーバルホール(大阪市北区)で開かれる。36年ぶりの出場となる日大山形は最後の地元練習を終え、15日に山形市の同校を出発。「まずは初戦突破を」との見送りの声援を背中に浴びた。【的野暁】

 同校体育館前には保護者、在校生、教職員など約40人が集合した。整列した制服姿のナインらに向かい、江口善紀校長が「日大山形らしく頑張ってください」と激励。応援団長の「フレーフレー」のエールがこだました。

 宮崎遠征(5~12日)では地元強豪校と練習試合を実施。1勝3敗1引き分けと負け越し、「これまでで一番つらいキャンプ。秋大会以降の修正点をいかせなかった」(斎藤史弥主将、2年)。ナインは悔しさにまみれたが、「一戦負けたら終わりという緊張感」が生まれたという。

 「守り勝つ野球」とのチームカラーに変わりはない。遠征後の14日には同校グラウンドで、甲子園練習(19日)を想定した練習を行った。ナインらは足並みをそろえ、グラウンドを踏みしめた。守備練習やティーバッティングなどをこなし、フォームの確認を行った。

 15日は荒木準也監督が出発前に「宮崎遠征ではチームを限界まで追い込んだ。開幕まではまだ1週間ある。さらにチーム力を高め、目の前の一戦に集中していきたい」と発言。斎藤主将は「応援に恩返しできるよう、歴史(2013年ベスト4)に追いつき、追い越したい」と決意を述べた。

 チームはバスに乗り込み、大阪・伊丹便の離陸する仙台空港へと向かった。16日の組み合わせ抽選会後、地元高校との練習試合計5試合を予定。開幕は23日となる。

 宮崎遠征での成績は次の通り。

 17-10日南学園

  0-9 日章学園

  3-3 日章学園

  1-3 聖心ウルスラ

  1-6 聖心ウルスラ

次に読みたい

あわせて読みたい