東日本大震災

福島第1原発事故 いわきの給食、双葉にも 来月から町立小中に提供 /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
いわき市の共同調理場で作られた給食を味わう双葉町立小学校の児童ら=いわき市錦町の市立錦小で
いわき市の共同調理場で作られた給食を味わう双葉町立小学校の児童ら=いわき市錦町の市立錦小で

 福島第1原発事故で全町避難が続き、避難先のいわき市の仮設校舎で学ぶ双葉町立小中学校に4月から、市内19校が利用する共同調理場から給食が提供されることになった。15日は両市町が協定に調印後、双葉町の小学生26人が近くの市立錦小を訪れ、いわきの子に一番人気の「ツナごはん」などを味わった。

 双葉の小中学校は2014年にいわき市南部の勿来地区で再開後、市内…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

注目の特集