メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/7 楽士・中沢寅雄の手記(2) クラリネットを独学で /東京

 1930年9月にやっと年季が明けた後、中沢寅雄は「ただ漠然とした気持ちで」憧れていた東京に向かい、国電日暮里駅に降り立った。

 「谷中銀座を左に見て右に二百メートル程の処(ところ)に百軒長屋で熊さん八さんが住む長屋。私はがっかり失望」(中沢手記)。職業安定所に通ったが、「履歴書に川越尋常小学校一年で中退では職員もウン……」。

 本郷田町(現・本郷4丁目)に住む姉夫婦を頼って居候となったが、この姉の夫が「徳井勘次郎、本郷片町鈴…

この記事は有料記事です。

残り1508文字(全文1721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです