メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪解のつどい

「新感覚派」作家・生誕120年 横光利一をしのぶ あすつどい、若者向け催しも 伊賀 /三重

「雪解」のつどいの会場に展示される横光利一の句を紹介した大型絵巻=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 伊賀にゆかりがあり、大正末から昭和にかけて川端康成と共に「新感覚派」の作家として活躍した横光利一(1898~1947)をしのぶ「『雪解(ゆきげ)』のつどい」(実行委主催)が17日午後1時半、ハイトピア伊賀(上野丸之内)である。今年は横光の生誕120年。開催20回目となる今回は、若者を意識した多彩なイベントを用意している。【大西康裕】

 横光は1898年3月17日、福島県で生まれた。鉄道技師だった父の仕事の関係で各地を転々とし、父が単…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文767文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  2. 米軍機 超低空訓練 岩手の住宅地 サイトに動画投稿
  3. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開
  4. セブン-イレブン・ジャパン 5500店で電力会社変更
  5. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]