メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪解のつどい

「新感覚派」作家・生誕120年 横光利一をしのぶ あすつどい、若者向け催しも 伊賀 /三重

「雪解」のつどいの会場に展示される横光利一の句を紹介した大型絵巻=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 伊賀にゆかりがあり、大正末から昭和にかけて川端康成と共に「新感覚派」の作家として活躍した横光利一(1898~1947)をしのぶ「『雪解(ゆきげ)』のつどい」(実行委主催)が17日午後1時半、ハイトピア伊賀(上野丸之内)である。今年は横光の生誕120年。開催20回目となる今回は、若者を意識した多彩なイベントを用意している。【大西康裕】

 横光は1898年3月17日、福島県で生まれた。鉄道技師だった父の仕事の関係で各地を転々とし、父が単…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文767文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです