メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪解のつどい

「新感覚派」作家・生誕120年 横光利一をしのぶ あすつどい、若者向け催しも 伊賀 /三重

「雪解」のつどいの会場に展示される横光利一の句を紹介した大型絵巻=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 伊賀にゆかりがあり、大正末から昭和にかけて川端康成と共に「新感覚派」の作家として活躍した横光利一(1898~1947)をしのぶ「『雪解(ゆきげ)』のつどい」(実行委主催)が17日午後1時半、ハイトピア伊賀(上野丸之内)である。今年は横光の生誕120年。開催20回目となる今回は、若者を意識した多彩なイベントを用意している。【大西康裕】

 横光は1898年3月17日、福島県で生まれた。鉄道技師だった父の仕事の関係で各地を転々とし、父が単…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文767文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです