メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波踊り事業

徳島市観光協会「市、破産取り下げを」 徳島新聞の負担提案 地裁審理 /徳島

裁判所からの聞き取りの後、記者会見する近藤宏章・徳島市観光協会会長=徳島市新町橋2で、蒲原明佳撮影

 累積赤字が膨らむ徳島市の阿波踊り事業で主催者の公益社団法人徳島市観光協会に対し、市が破産手続き開始を申し立てたことについて、15日、徳島地裁で審理があった。協会は「市により支払い不能な状態をつくられた」として申し立ての取り下げを求めた。また赤字解消策として、共催者の徳島新聞社が負債の半額2億1800万円を支払うことなどを提案した。【蒲原明佳】

 阿波踊り事業で会計を担当する観光協会の累積赤字を補填(ほてん)するための借り入れ額は4億3600万…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 首相、解散・総選挙「断行ちゅうちょない」 会見速報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです