メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

避難所の光景を絵本に 不安や心の暗さ、黄色系絵の具で 移住直後被災、イラストレーター・やじまますみさん /熊本

地震の約8カ月後には食道がんを患ったやじまさん。今夏、延期していた画廊の開店を目指す

「絵描きとして記録しなければという使命感」

「あのとき、そこにきみがいた。」 あすから原画展も

 熊本地震直前の2016年3月下旬に移住した熊本市中央区で被災したイラストレーター、やじまますみ(本名・矢島眞澄)さん(66)が、約10日間過ごした避難所での光景を記録した絵本「あのとき、そこにきみがいた。」(ポプラ社)を出版した。やじまさんは「絵描きとして記録しなければいけないという使命感があった」と思いを語った。【清水晃平】

 やじまさんは東京都中央区出身で、広告代理店に2年間勤めた後、40年以上もフリーのイラストレーターと…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文815文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです