メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/9 「祖業」で頭角 社長就任

 伊藤忠商事が2度にわたって計約6000億円もの巨額損失を出した1990年代後半、危機的な状況の中で着実に収益を伸ばす部門があった。大阪を本拠とする繊維部門だ。「ものすごくもうかっとった。東京で会社が大変やという実感はなかった」。現社長の岡藤正広(68)は当時部長として、毎年のように社内表彰を受けていた。

 74年に伊藤忠に入社した岡藤は、紳士服の生地輸入を手がける部署に配属されたが、テーラー(仕立屋)は…

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです