英国

元スパイ襲撃 露も外交官追放予告 報復合戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロンドン矢野純一、モスクワ杉尾直哉】英国南部でロシア情報機関の元幹部が神経剤「ノビチョク」の一種で襲撃された殺人未遂事件で、英国のメイ首相が、ロシアが関与しているとみて駐英ロシア外交官23人の国外追放を決定したことに対し、ロシアのラブロフ外相は15日、「まもなく対抗措置を講じる」と英外交官を追放する方針を示唆した。英露間の緊張関係はエスカレートしており、当面は報復合戦が続くとみられる。

 国外追放が決まった23人は、駐英ロシア外交官の4割にあたる。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集