メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

気になる!各国就活事情 インド/フランス/韓国/中国/日本/南アフリカ/ブラジル

 どこの国でも、これから社会に出る若者たちにとって、就職活動は人生の方向性を決める上での大きなチャレンジだ。ただ、日本的な「新卒一括採用」にこだわる国ばかりではない。学生と企業それぞれの取り組みには、お国柄もにじむ。世界各地の「就活事情」を探ってみた。

 @インド

 インドの就職活動も競争は激しい。より良い職を求める学生同士はもちろん、いい人材を獲得するため企業同士も激しい争いを演じている。

 インドの就活の最大の特徴は、日本のように学生が企業へ面接に行くのではなく、企業の採用担当者が大学を訪れ、キャンパス内で採用試験を行う点だ。世界的大企業など、大学側が選定した一部の企業は優先権が与えられ、他社に先駆けて採用活動ができる。

この記事は有料記事です。

残り4211文字(全文4524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです