メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ポンペオ新国務長官 イラン核合意「破棄」懸念

 【カイロ篠田航一】イランのアラグチ外務次官は14日、ティラーソン米国務長官が解任され、後任に対イラン強硬派のポンペオCIA長官の起用が決まったことについて、「米国は(イランが2015年に米欧など主要6カ国と結んだ)核合意から離脱する決意だ」との見方を示し、核合意が破棄されることへの懸念を示した。イラン学生通信などが伝えた。

 オバマ政権時代の15年、イランは核開発を制限する見返りに米欧に経済制裁を一部解除させる核合意を結び…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです