メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン時代

検証・ロシアの今/3 「戦争を耐え抜いた記憶」 「不死の連隊」思想

「不死の連隊」の行進に参加し、赤の広場に向かう人々。2015年に始まった戦勝記念日の恒例行事だ=モスクワ・トベリ通りで2017年5月9日、杉尾直哉撮影

 「我々には、(第二次大戦に)勝利した世代、祖国のために命を落とした人々、戦後に国家を建設・復興させた人々に対し、道義的な責任がある」(2017年4月20日、モスクワで開かれた政府会議でのプーチン大統領の発言)

 ロシアの対ドイツ戦勝70周年となった15年5月9日、モスクワ中心部のトベリ通りには、おびただしい数の市民が集まった。大戦に従軍して戦死した遺族の顔写真を手に、赤の広場へ向かって行進した。目抜き通りいっぱいに広がる人々の流れは大河のようにも見えた。プーチン大統領も、父ウラジーミルさんの顔写真を手に、この行進に赤の広場で合流した。

 「不死の連隊」と呼ばれるこのデモ行進は、対独戦勝記念日に合わせて、その年、初めてモスクワで実施され…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです