メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

輸入制限「対立ない」 経済司令塔にクドロー氏

 【ワシントン清水憲司】米ホワイトハウスは14日、経済政策の司令塔となる国家経済会議(NEC)委員長に経済評論家のラリー・クドロー氏(70)を任命すると発表した。鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限に反対して辞任を決めたゲーリー・コーン氏の後任。クドロー氏も自由貿易論者のため、市場には保護主義政策の新たな歯止め役として期待する声もある。

 クドロー氏は2016年の大統領選の際に、最も早くトランプ氏支持を表明した保守系論者のひとり。米CNBCテレビのコメンテーターとして、トランプ大統領の経済政策の「発信役」を果たしてきた。レーガン政権でホワイトハウス勤務も経験し、与党共和党との人脈も豊富だ。昨年の大型減税ではトランプ氏と共和党の間を取り持つなど、政権の外にいながらも存在感を発揮してきた。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです