メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第37回土門拳賞

潮田登久子氏、写真集「本の景色 BIBLIOTHECA」 本の背景に息づく生

【ブロッコリー】(京都市 2008年)

 毎日新聞社主催の第37回土門拳賞選考会は、2月20日に東京都千代田区一ツ橋の毎日新聞社で開かれ、潮田登久子氏(78)に決定した。受賞対象となったのは写真集「本の景色 BIBLIOTHECA」(発行・ウシマオダ、発売・幻戯書房)。

 90人あまりの推薦委員から推薦された17作品の中から、潮田氏の作品の他、飯島幸永氏の写真集「暖流」(彩流社)、紀成道氏の写真集「Touch the forest,touched by the forest.」(赤々舎)、菱田雄介氏の写真集「border-korea」(リブロアルテ)が最終選考に残った。「本の景色 BIBLIOTHECA」は、潮田氏が確かな存在感を放つ古書を追い求め、図書館、古書店、個人の蔵書、出版社の編集室などで撮り続けたもの。人の手を経て変化した本の風貌、長い時間がもたらした重み、その本に触れた誰とも知れない人間たちの「生」が静かに迫ってくる。自然光のみの撮影により仕上げられたモノクロプリントが本の持つ背景を浮かび上がらせ、見る者を思索の旅へいざなう。

 長年にわたり八重山諸島へ足を運び島の人たちの生活をモノクロで活写した飯島氏の「暖流」、精神の病の患…

この記事は有料記事です。

残り2174文字(全文2679文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです