メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護とロボット

/下 会話通じて自立度改善

「OriHime」を手にする吉藤健太朗さん

 「パルロ、歌って」。呼びかけられた約40センチのロボットは「じゃあ、僕と一緒に」と腕を振り歌い出した。システム開発の富士ソフト(横浜市)のコミュニケーション型ロボット「PALRO(パルロ)」。全国の介護施設などで利用者の話し相手やレクリエーション時間の進行役として1000体が活躍する。特技は歌とダンス、ゲーム。100人以上の顔や名前を覚え、視線が合えばあいさつし「お話ししてもいいですか」と声をかける。愛らしさは心をとらえる。

 介護ロボットには(1)移動や入浴、排せつなど介護スタッフの業務支援型(2)歩行、食事、リハビリなど…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです