飛び込み

ワールドシリーズ 坂井、寺内組3位

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本初開催の飛び込みのワールドシリーズ富士大会が15日、静岡県富士水泳場で開幕した。男子シンクロ板飛び込みは坂井丞、寺内健組(ミキハウス)が391・29点で3位に入り、ワールドシリーズで日本勢初のメダルを獲得した。女子シンクロ高飛び込みは荒井祭里、板橋美波組(JSS宝塚)が295・29点で4位。男子シンクロ高飛び込みの井戸畑和馬、西田玲雄組(大阪水泳学校)と女子シンクロ板飛び込みの三上紗也可(米子DC)宮本葉月(高知DC)組は5位に終わった。4種目いずれも中国ペアが制した。大会は17日まで。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集