メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 原発避難者訴訟 賠償額、大幅に上積み 京都地裁判断、他に影響か

 東京電力福島第1原発事故に伴い、京都府に避難した自主避難者ら174人が起こした集団訴訟で、京都地裁(浅見宣義(のぶよし)裁判長)は15日、津波対策などを怠った国と東電の責任を認め、計約1億1000万円の支払いを命じた。自主避難の合理性について、避難時期や家族構成など独自の基準を提示。原告の8割超の149人について相当と認め、既に東電から支払われた賠償金を相殺して110人に最大457万円の賠償の上積みを認めた。同種訴訟の過去の判決に比べて大幅に増額されており、今後の他地裁の判断に影響を与えそうだ。

 京都訴訟の事故当時の住所は、国の「中間指針」に基づいて東電が賠償対象(原則1人当たり12万円)とす…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文763文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです