メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 原発避難者訴訟 判決要旨

 東京電力福島第1原発事故避難者の集団訴訟で国と東電の賠償責任を認めた15日の京都地裁判決の要旨は次の通り。

予見可能性

 原発を管理する東電や、監督権限がある経済産業相は常に最新の知見に注意を払い、現在の原発の安全性について、万が一にも事故が発生しないといえる程度かどうか常に再検討することが求められている。

 2002年7月に国の地震調査研究推進本部が公表した「長期評価」では三陸沖北部から房総沖の付近で地震…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 厚底シューズは禁止されるのか 疑心暗鬼の中ライバル各社が仕掛ける宣戦布告

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです