メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ワーク・ライフ・バランスの先達、女性起業家 雇いと助け合いの好循環

「佰食屋」を開いた中村朱美さん(左)、剛之さん夫婦=京都市右京区で、御園生枝里撮影

 政府が働き方改革を進め、企業の取り組みも注目されている。独自のアイデアで、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活との両立)を実現する女性起業家たちもいる。彼女たちの起業への思いを追った。【御園生枝里】

 ●限定食で働きやすく

 1日100食限定の「国産牛ステーキ丼専門店 佰食(ひゃくしょく)屋」(京都市右京区)を経営する「minitts」社長の中村朱美さん(33)は、100食限定の理由を「長時間労働をなくしたかった。『100食』という終わりが見える飲食店は、働く人にもお客さんにも分かりやすい」と話す。「佰」の人偏には「みんなが幸せに」との思いを込めた。

 人気のステーキ丼(1080円)は、中村さんの夫で取締役の剛之(たかゆき)さん(46)が趣味で考案した。「夫の作る料理の中で一番おいしい。食べ出したら止まらない」。赤ワインとしょうゆベースのソースがおいしさの決め手だ。

この記事は有料記事です。

残り2006文字(全文2392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです