メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第67期王将戦

第6局 久保防衛 ベテラン動じず底力 駒得生かし中盤差広げ

終局後、大盤解説する久保利明王将=長野県松本市で2018年3月15日、藤井達也撮影

 長野県松本市で14、15日に指された第67期王将戦七番勝負第6局で、久保利明王将(42)が挑戦者の豊島将之八段(27)を退けた。豊島の揺さぶりにも動じず攻めの姿勢を貫き、ベテランの底力を見せつけたタイトル防衛だった。

 両者は今月2日にあった名人戦の挑戦者を決めるA級順位戦最終局を首位タイで迎えたが、共に負けた。史上初の6人によるプレーオフでは、順位が下位の両者が1回戦を戦い、豊島が勝利した。

 名人戦挑戦が断たれた久保は、悔しさを秘めて王将戦を戦ったに違いない。今期の七番勝負は、互いに飛車を…

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです