立大相撲部

「シコふんじゃった。」の周防さん名誉監督に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立教大相撲部の名誉監督に就任し、部員に囲まれ意気込む周防正行映画監督(後列中央)=東京都豊島区西池袋の同大で2018年3月13日、橋本政明撮影
立教大相撲部の名誉監督に就任し、部員に囲まれ意気込む周防正行映画監督(後列中央)=東京都豊島区西池袋の同大で2018年3月13日、橋本政明撮影

 卒論の単位取得と引き換えに廃部寸前の相撲部に入った大学生の奮闘ぶりをコミカルに描いた映画「シコふんじゃった。」で知られる映画監督の周防正行さんが13日、立教大相撲部の名誉監督に就任した。部の活性化と強化を図ろうと大学側が要請した。映画のモデルとなった同大で記者会見した周防監督は「(就任は)思ってもみなかったことで責任を感じる」とあいさつした。

 同大相撲部は1919年に創部し、今年100年目のシーズンを迎える学生相撲の伝統校。しかし、年々部員数が減り、82年には部員がゼロになったが、他部から学生を借りて試合に出場し活動を続けてきた。その様子を同大OBの周防監督が映画化し、大ヒットにつなげた。92年に公開され、第16回日本アカデミー賞の最優秀作品賞や第47回毎日映画コンクールの日本映画大賞など多数の賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集