メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前川講師問題

なぜ要請「詳細に」 文科省のメール公表

前文部科学事務次官の前川喜平さん=さいたま市浦和区で2017年10月4日、木村健二撮影

 名古屋市教育委員会は16日、文部科学省が名古屋市立中学校で講師を務めた前川喜平・前事務次官の授業内容や録音データの提出を市教委に求めていた問題で、同省からの要請メールを公表した。前川氏が組織的天下り問題で処分を受け、次官を辞任したことなどに触れており、同氏の動きを警戒する文科省の姿が浮かび上がった。

 公表されたメールは市教委からの返信分、関連資料を合わせてA4判22ページ。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  5. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです