平昌パラ

成田緑夢が1回目終えトップ スノボ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
成田緑夢=旌善アルペンセンターで2018年3月12日、宮武祐希撮影
成田緑夢=旌善アルペンセンターで2018年3月12日、宮武祐希撮影

 【平昌・長田舞子】平昌冬季パラリンピック第8日の16日、スノーボードは3回の滑走でベストタイムを競うバンクドスラロームが行われた。男子下肢障害はスノーボードクロスで銅メダルの成田緑夢(ぐりむ、24)=近畿医療専門学校=が1回目を終えてトップに立った。男子大腿障害は小栗大地(37)=三進化学工業=と…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文252文字)

あわせて読みたい

ニュース特集