メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シェアハウス

事業頓挫 スルガ銀に契約撤回求める

スルガ銀行との面談内容を説明する弁護団の河合弘之団長(左)=静岡県沼津市魚町のスルガ銀行本店別館前で2018年3月15日午前11時42分、石川宏撮影

 不動産業「スマートデイズ」(東京)によるシェアハウスの一括借り上げ事業が頓挫し、シェアハウス建設に投資した所有者が返済不能に陥っている。多くはスルガ銀行(静岡県沼津市)の融資を受けており、被害弁護団の弁護士8人と所有者35人の計43人が15日、スルガ銀行に全容解明と契約の白紙撤回を求めた。

 弁護団によると、団には現在、所有者72人が参加しており、被害総額は100億円以上という。多くの所有者は「銀行の融資がつく確実な投資」と説明され、土地購入と建物建設のため各自1億円など高額な融資をスルガ銀行か…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです