メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

藤井六段、全勝で昇級…6年ぶり C級2組順位戦

藤井聡太六段=佐々木順一撮影

 現役最年少棋士の藤井聡太六段(15)が15日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第76期名人戦C級2組順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の最終10回戦で三枚堂達也六段(24)に勝ち、10勝目を挙げてC級1組昇級を全勝で飾った。

 C級2組で全勝し、1期で昇級したのは船江恒平六段(30)以来、6年ぶり。藤井六段は連勝を15に伸ばし、今年度の連勝記録ランキングは、将棋界最長を記録した自身の29連勝に続く2位になっている。

 藤井六段は「良い形でフィニッシュできたことはうれしい。今回の連勝についてはあまり意識しておらず、これからも今まで通りの気持ちで臨みたい」と話した。【山村英樹、最上聡】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです