新名神

土木会社員が川に転落死 枚方の現場、足場崩れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 15日午後4時15分ごろ、大阪府枚方市の淀川をまたいで建設中の新名神高速道路の工事現場で足場が崩れ、高知市の土木会社員、山下大介さん(32)が約5メートル下の川に転落した。同僚らが引き上げて救急搬送されたが、間もなく死亡した。府警枚方署が業務上過失致死の疑いもあるとみて事故原因を調べている。

 枚方署や西日本高速道路によると、淀川に橋脚を建てるための基礎工…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

注目の特集