メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

恋愛尊ぶフランス文化紹介 棚沢直子さん

初めて単著を出版した棚沢直子さん=東京都台東区で、木村健二撮影

 現代フランスの女性思想を研究してきた東洋大名誉教授の棚沢直子さん(75)が、初めての単著「日本とフランスのあいだで」(御茶の水書房)を出版した。女性解放思想に取り組んだ研究生活と父母の介護などの私生活を振り返り、西欧と日本の相対化を試みた。

 政治家らの不倫に社会的責任が問われる日本に対し、政治家の異性関係がスキャンダルに発展しないフランスの…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです