特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

組み合わせ抽選会 中央学院VS明徳義塾 両監督・主将の話 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

大舞台で練習成果を 中央学院・相馬幸樹監督

 冬場は守備練習に力を入れてきた。相手は打撃力のあるチームなので、練習の成果を試す舞台がやってきた、という気持ち。選手には結果を出すことにとらわれず、楽しんで野球をしてほしい。

リベンジ果たしたい 中央学院・池田翔主将

 昨秋の神宮大会で負けた相手で、運命を感じる。チーム発足から守備と走塁の技術の向上をテーマに練習を続けてきた。試合までに徹底的に技術を高め、リベンジを果たしたい。

ロースコアの試合に 明徳義塾・馬淵史郎監督

 中央学院とは昨秋の明治神宮野球大会で対戦しており、試合のイメージはできている。両チームとも好投手なので、エラーなどがなければロースコアの引き締まった試合になるだろう。

全力で食らいつく 明徳義塾・庄野太喜主将

 中央学院の主戦・大谷拓海選手の投球が良く、先制点は譲れないので、ミスは避けたい。最終的に相手より1点でも多ければそれで良いので、勝っていても負けていても全力で食らいつく。

次に読みたい

あわせて読みたい