メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき

ホテルニューオータニ/中 平成幕開け祝う夕食会 /東京

スタッフ総勢600人

 1990年11月、本館1階の大宴会場「鶴の間」は華やかな雰囲気に包まれた。海部俊樹首相(当時)が主催した天皇陛下の即位の礼の夕食会である。

 180カ国の賓客750人が集い、能や歌舞伎の舞が披露された。英国のダイアナ皇太子妃(同)らにコース料理が振る舞われ、平成の幕開けを飾った。

 政府が祝宴の場として選んだのには訳がある。79年以来計2回の東京サミット開催や、複数の大宴会場が同じ階にあり移動しやすい点などが評価されたからだ。だが、これほどの賓客が出席する行事は前例がなかった。出席者の誘導など接遇を担当した鈴木浩副総支配人(59)が振り返る。「ホテル内に調理、賓客誘導、夕食会の進行管理と担当別のチームを設けて、毎日ミーティングを繰り返しました」。出…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです