メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

逗子花火大会

継続へ支援を 市民ら実行委結成 /神奈川

寄付を募るリストバンドを掲げて協力を求める実行委のメンバーら=逗子市山の根で

 伝統の花火大会を行政の財政難で途切れさせてはいけないと、逗子市の市民有志が「(仮称)みんなでつくる逗子海岸花火大会実行委員会」(桐ケ谷覚実行委員長)を結成し、16日、記者会見を開いた。商店街連合会の丸山広宣会長は「逗子を元気にするため、支援願いたい」と語った。

 花火大会は1957年に始まった。短時間で7000発を打ち…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです