メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂口謹一郎

生誕120年記念 「酒博士」の功績、漫画に 上越の学校などに配布へ /新潟

完成したマンガ「坂口謹一郎ものがたり」=上越市で

 上越市が生んだ応用微生物学の世界的権威で、「酒博士」としても知られる坂口謹一郎博士(1897~1994年)の生誕120年を記念した漫画「坂口謹一郎ものがたり」が完成した。郷土の偉人、坂口博士の業績や横顔を親しみやすく紹介しており、市内の学校や図書館などに近く配布される。【浅見茂晴】

 市や観光団体、酒造組合などで構成する「坂口謹一郎博士生誕120年記念事業実行委員会」(委員長、高木正道・新潟薬科大学名誉教授)が、120年記念事業の集大成として作成した。

 坂口博士は国産ワインの誕生に貢献するなど、人々の生活に深く関わる研究をしてきた。しかし時代とともに…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1049文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです