メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人!/愛媛

FMラヂオバリバリ・企画主任 宇佐美浩子さん(48) 南海トラフに備え防災特番 /愛媛

FMラヂオバリバリ企画主任の宇佐美浩子さん。10代~80代、100人以上の同局市民パーソナリティーの会を運営。「たくさんのアンテナが立ち、情報が集まります」=愛媛県今治市片原町1の今治コミュニティ放送で、松倉展人撮影

 県内でも被害が出た芸予地震(2001年)があった3月24日、必ず防災特番を制作して放送する「FMラヂオバリバリ(今治コミュニティ放送)」。2002年の開局以来、「危機管理の情報発信」を柱にしており、今年も番組「南海トラフ巨大地震今治犠牲者0を目指してvol.4」を企画し、「特性にあわせた防災」を伝える。

 午前9時から11時半の生放送。障がい者のための防災ワークショップ主催者▽防災士資格を持つ高齢者施設元職員、高校教師▽日ごろから津波訓練を続ける海岸部の保育園長▽外国人を含め多くの従業員を持つ造船会社員--らが出演し、「普段からしておくこと」「周辺の人たちとどう連携するか」などをリスナーと一緒に考える。

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです