メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

家族訴訟2周年集会 「生き方の選択を自己制限」 黒坂准教授が講演 /熊本

講演する黒坂・東北学院大准教授(左)

 ハンセン病家族訴訟原告団などは16日、熊本市中央区花畑町の市国際交流会館ホールで、元患者の家族らが国に損害賠償や謝罪を求めた集団提訴から2年に合わせた集会を開いた。元患者の家族や弁護団ら約200人が参加し、原告3人が日常の暮らしで経験した偏見や差別などについての問題を振り返る講演をした他、元患者やその家族に対する聞き取りを続け、家族訴訟で原告側の証人として法廷にも立った社…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 桜を見る会 地元で幅広い募集 麻生氏の首相時代は?「あ、り、ま、せ、ん」予算委答弁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです