メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表
変革

第6部 伊藤忠商事/10 「か・け・ふ」で打倒御三家

社長就任が決まり記者会見を開く岡藤正広=2010年2月15日、窪田淳撮影

 「できれば1人か2人抜いていきたい」。2010年4月1日、社長就任初日に岡藤正広(68)は全社員に向けてメッセージを発した。伊藤忠商事は当時、最終(当期)利益で業界4位。上位3社を占める三菱商事、三井物産、住友商事の財閥系商社への「挑戦状」だった。

 伊藤忠は1990年代後半に巨額の損失を出しながらも、バブル崩壊によって積み上がった不良資産の一括処理を図った。しかし、04年に社長に就任した小林栄三(69)=現会長=は「手術はしたけど、出血は止まっていなかった」と当時の経営状況を語る。赤字を垂れ流す子会社の整理を進めるなどして、「会社のリハビリ」に全力を挙げた。

 原油など資源価格の上昇も追い風となって収益は右肩上がりとなり、「ポケットに手を入れてもほとんど金が…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  2. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. WEB CARTOP 「パトカーの待ち伏せ時の駐禁は? 速度違反は?」など緊急車両の交通ルールとは

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです