メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/10 「か・け・ふ」で打倒御三家

社長就任が決まり記者会見を開く岡藤正広=2010年2月15日、窪田淳撮影

 「できれば1人か2人抜いていきたい」。2010年4月1日、社長就任初日に岡藤正広(68)は全社員に向けてメッセージを発した。伊藤忠商事は当時、最終(当期)利益で業界4位。上位3社を占める三菱商事、三井物産、住友商事の財閥系商社への「挑戦状」だった。

 伊藤忠は1990年代後半に巨額の損失を出しながらも、バブル崩壊によって積み上がった不良資産の一括処理を図った。しかし、04年に社長に就任した小林栄三(69)=現会長=は「手術はしたけど、出血は止まっていなかった」と当時の経営状況を語る。赤字を垂れ流す子会社の整理を進めるなどして、「会社のリハビリ」に全力を挙げた。

 原油など資源価格の上昇も追い風となって収益は右肩上がりとなり、「ポケットに手を入れてもほとんど金が…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです