メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

名称変えたワクチンあるの? HPV原因のがん 「子宮頸」以外も判明=回答・小島正美

 なるほドリ 子宮頸(しきゅうけい)がんを予防(よぼう)するワクチンの呼び名が変わったの?

 記者 厚生労働省(こうせいろうどうしょう)は1月、一般向けのリーフレットで、ワクチンの呼び名を従来の「子宮頸がん予防ワクチン」から「HPVワクチン」に変えました。

 Q HPVって?

 A 「ヒトパピローマウイルス」の頭文字(かしらもじ)です。パピローマは簡単に言うとイボです。このウイルスが子宮頸部に侵入し、ヒトの免疫機能(めんえききのう)で排除(はいじょ)されないと細胞(さいぼう)が増殖(ぞうしょく)して子宮頸がんになるのです。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです