メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

自民が調査チーム設置 改ざん追及姿勢アピール

 自民党は16日、「財務省公文書書き換え調査プロジェクトチーム(PT)」(座長・柴山昌彦筆頭副幹事長)の初会合を国会内で開いた。文書改ざん問題で野党が攻勢を強める中、自民党も真相解明や再発防止を政府に求める姿勢を強調する狙いがある。

 PTは金田勝年幹事長代理や武見敬三参院政審会長らがメンバーで、会合冒頭で柴山氏は「与野党問わず、(財務省に)だまされ続け、国会に対する冒とくだと感じている。党としてしっかり究明にあたりたい」とあいさつ。その後、非公開で財務省の富山一成理財局次長から経緯を聞き取った。

 柴山氏は会合後、記者団に「報道されていることがほぼ事実だと確認できた。我々は責任ある立場で必要な再…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです