メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

「森友」と重なる英BBCコメディー とんでも劇場のリアルな怖さ=浜矩子

森友学園に関して衆院予算委員会で答弁する財務省の佐川宣寿理財局長(当時、左)。右端は安倍晋三首相、右から2人目が麻生太郎財務相=国会内で2017年2月24日、川田雅浩撮影

 14と300。この二つの数字が、しっかり頭に刻み込まれてしまった。14件の文書に関して、計300カ所ほどの削除・書き換えがみられた。学校法人「森友学園」関連決裁文書の改ざん問題である。全く何ということか。「とんでもない」という言葉を何乗すれば、今、我々の目の当たりで繰り広げられているこの醜態劇のふらちさを表現し尽くすことができるか。

 役所が記録文書を改ざんする。このこと自体のとんでもなさは言うに及ばない。だが、それもさりながら、問題は、このとんでもない行為が何のために、そして誰のために行われたのかということだ。

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文2045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  4. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  5. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです