メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

元情報員暗殺未遂事件 「神経剤の使用、プーチン氏関与」 外相、名指しで非難

 【ロンドン矢野純一】英南部でロシア軍情報機関の元幹部が猛毒の神経剤で襲撃された暗殺未遂事件で、英国のジョンソン外相は16日、「(ロシアの)プーチン大統領が神経剤の使用を決定した可能性が極めて高い」とプーチン氏を名指しして非難した。

 ロイター通信によると、ペスコフ露大統領報道官はジョンソン氏の発言に…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです