メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

元情報員暗殺未遂事件 「神経剤の使用、プーチン氏関与」 外相、名指しで非難

 【ロンドン矢野純一】英南部でロシア軍情報機関の元幹部が猛毒の神経剤で襲撃された暗殺未遂事件で、英国のジョンソン外相は16日、「(ロシアの)プーチン大統領が神経剤の使用を決定した可能性が極めて高い」とプーチン氏を名指しして非難した。

 ロイター通信によると、ペスコフ露大統領報道官はジョンソン氏の発言に…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです