メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

男性更年期、ホルモン治療も

 「会社に行きたくない」「疲れが取れない」「やる気が出ない」。そんな症状を訴え、病院を訪れる中高年の男性が増えている。潜在患者は600万人といわれる男性の更年期障害。第一人者の堀江重郎・順天堂大教授(泌尿器科)に聞いた。

 男性の更年期障害は、テストステロンという男性ホルモンの減少によって起きる。集中力の低下、イライラ、気力の低下、抑うつ、全身の疲労感、性欲減退、不眠、肩こりなど、さまざまな症状が現れ、「テストステロン減少症」や「加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群」と呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. DVから逃れたのに元夫が突然現れ…原因は「役所のミス」 被害女性の怒り

  5. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです